One

くすり・サプリカタログ。当サイトから購入はできません。

胃薬パリエット「パリット(パリエットジェネリック)20mg」

 

f:id:rate042:20181010153017p:plain

 

パリット(パリエットジェネリック)20mg

  品概要を調べてみた

 

パリエットジェネリック20mgは、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などを治療するお薬です。 胃酸の分泌を強力におさえ、胃粘膜の傷ついた部分を修復するという働きがあります。

パリエットジェネリックは胃薬で有名なパリエットジェネリック医薬品です。

パリエットと同じ有効成分である有効成分ラベプラゾールナトリウムを20mg配合しており、過剰な胃酸の分泌を抑制する作用から胃炎や胃潰瘍逆流性食道炎の治療薬として用いられます。

パリエットエーザイ株式会社が開発し、1997年より販売しています。医師の処方箋が必要な医療用医薬品に指定されており、ドラッグストアなどで気軽に購入することはできません。

プロトンポンプ阻害薬(インヒビター)に分類され、従来の胃薬に比べて効果が強く、服用を辞めた後のリバウンド症状が少ないのが特徴です。

プロトンポンプ阻害薬の中では第3世代に分類され、パリエットは薬の飲み合わせに問題が少ないのが特徴です。また、低用量アスピリンを服用したときに併発しやすい、消化性潰瘍の予防目的で汎用されています。

国内では5mg、10mg、20mgの3つの用量がありますが、パリエットジェネリック(パリット)は20mg用量のみ販売されており、お薬を割って服用することで用量の調整も可能です。

国内では商品特許が切れた2010年以降、「ラベプラゾールNa錠10mg「サワイ」」など20種類前後のジェネリック医薬品が承認・販売されています。

一方のパリエットジェネリック(パリット)は、インドの大手製薬会社より販売されているため国内では販売されておらず、より手ごろな価格で購入ができます。

胃潰瘍逆流性食道炎は、胃壁から胃酸が過剰に分泌されることで胃粘膜を壊したり、胃酸が逆流して食道の粘膜がただれたりすることが原因の疾患です。

パリエットの有効成分ラベプラゾールナトリウムは胃酸の分泌を調整するプロトンポンプに作用することで、過剰な分泌を抑えることができます。

国内の臨床試験の結果、副作用として発疹や便秘、下痢、吐き気、肝機能値上昇などが報告されています。そのため、肝臓系の疾患をお持ちの方は服用に際して注意が必要です。

また、ご高齢の方は副作用が強く出る可能性があるため、主治医に相談の上で服用を検討してください。

f:id:rate042:20181010141124p:plain

 

使用方法を調べてみた

 

パリエットは通常成人に対し、1回10mgを1日1回服用します。パリエットジェネリックは1錠20mgのため、飲み始めは半錠に割って服用してください。

その後、症状が改善しなかった場合、1回20mgまで増量が可能です。逆流性食道炎の場合は、8週間(約2ヶ月)までの服用におさめてください。

8週間投与する場合は、内視鏡検査で逆流性食道炎が治癒していないことを確認してから服用してください。パリエットの服用で胃酸が減少することにより、他の薬の吸収に影響を及ぼすことがあります。

とくにエイズ治療薬であるリルピビリン(エジュラント)・アタザナビル(レイアタッツ)とは一緒に服用できません。パリエットと共に服用することで、、本来の効果を発揮できないためです。

パリエットの服用は、症状に合わせて必要最低限に収まるようにしてください。副作用として肝機能値(ALT・AST)の上昇が報告されているため、医療機関で定期的に血液学的検査を受けるようにしてください。

また、胃潰瘍、十二指腸潰瘍については長期の使用経験は十分でないので、維持療法として長期間の服用は控えてください。

作用・使用上の注意を調べてみた

  

プロトンポンプ阻害薬に分類される他のお薬の副作用として、視力障害が報告されています。視力に異常を感じたときは、医療機関を受診するようにしてください。

飲み忘れた場合は、飲み忘れたことを気づいたときに速やかに服用してください。

次の服用時間に近いときは、飲み忘れた分は飲まずに1回飛ばして服用してください。2回分のパリエットを服用するのは危険ですので控えてください。

万が一、服用中に体調の変化を感じた場合は、速やかに医者の診断を受けてください。

    レビュー・さらに詳しい情報は

     商品画像からお願い致します。

      「くすりエクスプレス」

f:id:rate042:20181010140046p:plain

 

パリット(パリエットジェネリック)20mg