One

くすり・サプリカタログ。当サイトから購入はできません。

アランガン社が製造する有名な点眼薬「プレドフォルテ点眼薬」

 

f:id:rate042:20181010153017p:plain

 

プレドフォルテ点眼薬

  品概要を調べてみた

 

プレド・フォルテ点眼薬は酢酸プレドニゾロンを有効成分とする点眼薬で、「ルミガン」のメーカーで有名なアランガン社が製造しています。

ステロイド剤(合成副腎皮質ホルモン)に分類され、主に眼瞼炎、結膜炎、角膜炎、前眼部ブドウ膜炎、術後炎症などの外眼部および前眼部の炎症性疾患の治療に広く使用されています。

炎症は外から侵入した細菌やウイルスなどの病原菌を体外に排出するための生体防御反応ですが、それにより発赤、腫張、痛み、熱などの症状が現れます。

プレド・フォルテ点眼薬に含まれる酢酸プレドニゾロンは炎症の原因に関係なく炎症反応を強く抑制し炎症におけるあらゆる過程において効果を発揮するため、眼炎症をはじめ急性・慢性炎症、自己免疫疾患、アレルギー性疾患、痛風、急性白血病ネフローゼ症候群、ショック症状など幅広い領域で様々な炎症の治療に使用されています。

点眼の他に内服薬、軟膏、注射などの剤形が存在します。ステロイド剤は体内で副腎が作る約50種類のホルモンのうちの主に糖質コルチコイドを化学的に合成したものです。

糖質コルチコイドは毛細血管壁の透過性低下や炎症組織への白血球浸潤抑制作用などによって、炎症やアレルギーを強く抑制する作用や免疫抑制作用などを持っています。

ステロイドと聞くと副作用など怖いイメージを持たれる方も多いかもしれませんが、プレド・フォルテ点眼薬は局部的な使用であり、含まれるステロイドも微量なので全身的な副作用や大きな副作用はほとんど現れません

しかし少なからず副作用のリスクはある薬であるので使用には注意が必要です。

またプレド・フォルテ点眼薬は強い抗炎症作用と抗アレルギー作用と免疫抑制作用があるため様々な眼疾患の治療で使用されますが、抗菌作用は持っておらず逆に感染しやすい状態になってしまう恐れがあるため細菌感染による眼疾患の場合は別の薬で原因菌の除去治療が必要になります。

f:id:rate042:20181010141124p:plain

 

使用方法を調べてみた

 

プレド・フォルテ点眼薬は通常1日2~4回に分け1回患部の目に1~2滴を結膜嚢に点眼します。

症状や身体の状態によって適宜増減します。コンタクトレンズをしている場合は点眼時には外し、点眼後15分以上経過してから使用するようにしてください。

また使用開始後2日以上経っても症状に改善が見られない場合は受診してください。

作用・使用上の注意を調べてみた

  

プレド・フォルテ点眼の副作用には刺激感、下垂体・副腎皮質系機能の抑制、創傷治癒の遅延などが報告されています。

また滅多に起こりませんが重篤な副作用として緑内障、角膜ヘルペス、角膜真菌症、緑膿菌感染症の誘発、穿孔、後嚢白内障が報告されています。もしも使用後に何らかの身体の異常が現れたら使用を中止してすぐ受診してください。

成分に対して過敏症の既往歴のある方、ウイルス性の結膜・角膜疾患、結核性の眼疾患、真菌性の眼疾患、化膿性の眼疾患の方は使用をお控えください。

角膜上皮剥離または角膜潰瘍は症状が増悪する恐れがあるので使用する前に医師に相談してください。また妊婦、小児、高齢の方も慎重な注意が必要であるため使用する前に医師に相談してください。

開封してから4週間以上経過したら点眼液が汚染されている恐れがあるため残っていても使用せずに廃棄してください。また汚染防止のため、毎回の点眼の際は容器の先端が目に直接触れないように注意してください。

副腎皮質ホルモンの長期間の使用で眼圧が上昇したり、視神経の損傷、視野・視力の低下、角膜・強膜穿孔、緑内障を生じる可能性があります。

また免疫反応が抑制さることで特に感染症にかかりやすくなる恐れがあります。

そのためプレド・フォルテ点眼をはじめステロイド点眼の10日以上の使用は眼圧の定期検査など専門医の監視下においてのみ行う必要があります。自己判断での蔓延的な使用はしないようにしてください。

    レビュー・さらに詳しい情報は

     商品画像からお願い致します。

      「くすりエクスプレス」

f:id:rate042:20181010140046p:plain

 

 

プレドフォルテ点眼薬