One

くすり・サプリカタログ。当サイトから購入はできません。

利尿剤フロセミド「ルプラックジェネリック20mg(トラセミド)」

 

f:id:rate042:20181010153017p:plain

 

ルプラックジェネリック20mg(トラセミド)

  品概要を調べてみた

 

身体のむくみを取る利尿剤のラシックス(フロセミド)と同類の医薬品です。

トール錠は有効成分トラセミドを配合した利尿剤です。インドの大手製薬会社であるインスタ・ファーマ社が開発したお薬です。

日本国内では1999年に「ルプラック錠」として承認・販売されており、ジェネリック医薬品である「トラセミド錠KO」も販売されている歴史のあるお薬です。

トール錠はルプラック錠と同一の有効成分が配合されているジェネリック医薬品で、心性浮腫、腎性浮腫、肝性浮腫といった疾患によるむくみを取るためのお薬です。

浮腫の中でも心不全などで肺に水が溜まった状態などに効果的で、その改善率は84%と強い利尿作用を持っています。

同じ利尿剤であるラシックス錠(成分名:フロセミド)に比べて、低カリウム血症の副作用がでにくいのが特徴です。

ラシックスと同様に、ループ利尿薬という利尿剤に分類されます。ルプラック錠は腎臓のループ状に曲がった尿細管部分に作用し、体内に溜まった余分な水分を尿として排出するのを助ける作用があります。

トラセミドは他の利尿剤に比べて、脂質代謝や耐糖能への影響が少ないのも特徴の一つです。 他の利尿剤と同様に、体内に必要なミネラルが不足する電解質異常、脱水には注意が必要です。

ルプラック錠を服用後はこまめに水分補給をし、特にカリウムが多く含まれる大豆やほうれん草、バナナやパイナップルと言った野菜と果物を積極的に摂るようにしてください。サプリメントで補うのもおすすめです。

電解質異常は、定期的に医療機関で血液検査をすることで確認できます。ルプラック錠は全身の血液量を減らすことで血圧を下げる作用があるため、服用後にめまいを起こす可能性があります。

車の運転など危険な作業には十分注意してください。 ルプラック錠は腎臓で代謝されるお薬のため、腎臓系の疾患をお持ちの方は用量を少なくするなどの調整が必要です。

心臓系の疾患をお持ちの方で、ジギタリスなどを服用されている方は飲みあわせがよくありません。利尿作用が想定以上に強く現れる可能性もあるため、原則併用ができません。

他にも飲みあわせがよくないお薬として、気分安定薬のリチウム(リーマス)や、ステロイド薬、グリチルリチン製剤や鎮痛薬などがあります。持病などで服用中のお薬がある方は、かかりつけ医やかかりつけの薬剤師に相談の上で服用を検討してください。

f:id:rate042:20181010141124p:plain

 

使用方法を調べてみた

 

服用方法は症状などにより異なります。国内では通常成人に対し、トラセミドとして1日1回4~8mgを服用します。

腎臓系の疾患をお持ちの方は、用量を減らす必要があります。進行した肝硬変症などの重篤な肝臓系の疾患をお持ちの方は、原則服用ができません。

また、ルプラック錠の服用により糖尿病や痛風を悪化させてしまう可能性があるため、これらの疾患をお持ちの方も原則服用ができません。飲むタイミングは定められていませんが、通常は朝1回、もしくは朝と昼に1回ずつ服用してください。

飲み始めはルプラック錠10mgをピルカッターなどで半分(5mg)に割って服用してください。夕方以降に服用されると、就寝中に尿意をもよおす可能性があるため注意が必要です。食前・食後の決まりはありませんが、服用し始めは吐き気がでやすくなるため、食後の服用が勧められています。

作用・使用上の注意を調べてみた

  

国内の臨床試験の結果、副作用として倦怠感(だるい)、脱力感、めまい、ふらつきや、吐き気、頭痛、耳鳴りなどが報告されています。稀に起こる副作用として、耳が聞こえにくくなる難聴が報告されています。

利尿薬の特徴的な服用として、体内に必要なミネラルが不足する低カリウム血症や低ナトリウム血症があります。体がだるい、動悸がする、喉が乾く、意識がもうろうとするなどの症状が見られた際はトール錠の服用を中止して、医療機関を受診してください。

    レビュー・さらに詳しい情報は

     商品画像からお願い致します。

      「くすりエクスプレス」

f:id:rate042:20181010140046p:plain

 

 

ルプラックジェネリック20mg(トラセミド)