One

くすり・サプリカタログ。当サイトから購入はできません。

鎮痛解熱剤「ボルタレンジェネリック(ボベラン)50mg」

 

f:id:rate042:20181010153017p:plain

 

ボルタレンジェンリック(ボベラン)50mg

  品概要を調べてみた

 

ボルタレンジェネリック50mgは、炎症による痛みや腫れをおさえるお薬です。腰痛や歯痛、手術後の疼痛など、幅広い用途において使用することができます。

侵害受容性疼痛とよばれる、炎症を由来とした痛みには、非常に高い効果を発揮します。

※神経性の痛みであればリリカジェネリック(プレガバリン)などが用いられています。片頭痛であればレルバックス(エレトリプタン)などが第一選択となります。

ボルタレンジェネリック50mgは、「NSAIDs(非ステロイド系抗炎症薬)」という種類のお薬で、中でもアリール酢酸系に分類されています。

NSAIDsの中でも有名なロキソニンはプロピオン酸系、バファリンサリチル酸系と、少しずつ異なることが特徴です。 これらの中でも、ボルタレンジェネリックは作用が強いことが特徴ですが、胃痛などの副作用も強いことで知られています。

副作用が出やすい方は、NSAIDsの副作用を改善した、セレコックス(セレコキシブ)などを用いると良いでしょう。

また、長時間の効果と、副作用の軽減を狙った、ボルタレンSRといいう徐放性製剤も販売されています。

ちなみに、効果は「ボルタレンロキソニン≧セレコックス>イブ>アスピリン」という意見を持つ専門家が多いようです。

ボルタレンジェネリック50mgは、有効成分としてジクロフェナクナトリウムという成分が配合されており、痛みのもとであるプロスタグランジンを生成する、シクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害します。

COXのなかでも、特にCOX-2は炎症性サイトカインなどによってつくられるので、痛みと密接な関係が知られています。 また、プロスタグランジンには発痛物質であるブラジキニンなどにも関わっているので、NSAIDsを服用すると鎮痛作用が発揮されるのです。

ボルタレンジェネリック50mgの作用機序は、アラキドン酸代謝におけるCOX活性を阻害することによると考えられています。

鎮痛作用だけでなく、抗炎症作用や解熱作用も有しており、従来用いられていたインドメタシンよりも強い効果があることが認められています。

ボルタレンには塗るジェルタイプの「ボルタレンジェル」もあります。

ボルタレンは以下のような症状の鎮痛、消炎、解熱効果があるお薬です。

  • 関節リウマチ
  • 腰痛
  • 変形性関節炎
  • 抜歯後や手術後の鎮痛、消炎
  • 急性上気道炎の解熱や鎮痛

f:id:rate042:20181010141124p:plain

 

使用方法を調べてみた

 

①関節リウマチ、変形性関節症、変形性脊椎症、腰痛症、腱鞘炎、頸肩腕症候群、神経痛、後陣痛、骨盤内炎症、月経困難 症、膀胱炎、前眼部炎症、歯痛の鎮痛・消炎、手術ならびに抜歯後の鎮痛・消炎 成人にはジクロフェナクナトリウムとして1日量75~100mgを、3回に分けて服用してください。

頓用する場合には、25~50mgを服用してください。

②急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)の解熱・鎮痛 成人にはジクロフェナクナトリウムとして1回量25~50mgを、症状の出たときに服用してください。

年齢、症状により適宜増減することが可能ですが、原則として1日2回まで、1日最大100mgを限度としてください。

※本剤は、空腹時に服用すると、胃痛などの副作用が起こることがあります。 空腹時の投与は、なるべく避けるようにしてください

作用・使用上の注意を調べてみた

  

  • 軽度の副作用 胃炎・胃部不快感などの消化器症状、発疹等の皮膚症状、浮腫、食道障害、喘息など
  • 重大な副作用 ショック、アナフィラキシー、穿孔を伴う消化管潰瘍、消化管の狭窄・閉塞、重症喘息発作(アスピリン喘息)、重篤な肝障害など
  • 禁忌 消化性潰瘍のある患者、重篤な血液の異常のある患者、重篤な肝障害のある患者、重篤な腎障害のある患者、重篤な高血圧症・心機能不全のある患者、本剤の成分に対して過敏症のある患者、アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発)又はその既往歴のある患者、妊娠末期の婦人、インフルエンザの臨床経過中の脳炎・脳症の患者、トリアムテレンを投与中の患者
  • 併用してはいけない薬 トリアムテレン(トリテレン)、CYP2C9を阻害する薬剤(ボリコナゾールなど)、ニューキノロン系抗菌剤(エノキサシンなど)、リチウム、強心配糖体(ジゴキシンなど)、メトトレキサート、アスピリン、非ステロイド性消炎鎮痛剤、副腎皮質ステロイド剤(プレドニゾロンなど)、降圧剤(β-ブロッカー、ACE阻害剤、ARBなど)、利尿剤、抗凝血剤、抗血小板薬、シクロスポリン、コレスチラミン、SSRI、ヤーズなど
  • ※ここに記載した薬剤が全てではないので、注意をするようにして下さい。
  • 使用上の注意 ・妊娠又は妊娠している可能性のある婦人については、本剤は服用しないようにしてください。 (妊娠中の使用例で、胎児の死亡などの報告もあります。子宮収縮を抑制することもわかっています。)
  • 授乳婦については、本剤の成分が母乳に移行することがわかっているので、授乳を控えるようにして下さい。
  • ウイルス性疾患(水痘、インフルエンザなど)にかかっている小児には、本剤の投与はしないようにしてください。 

    レビュー・さらに詳しい情報は

     商品画像からお願い致します。

      「くすりエクスプレス」

f:id:rate042:20181010140046p:plain

 

ボルタレンジェンリック(ボベラン)50mg