One

くすり・サプリカタログ。当サイトから購入はできません。

新タイプのアルツハイマー型痴呆症「アドメンタ」

 

f:id:rate042:20181010153017p:plain

 

アドメンタ100錠 1箱(合計100錠)

  品概要を調べてみた

 アドメンタは脳の神経細胞を保護する作用のある新タイプのアルツハイマー型痴呆症の治療薬です。

f:id:rate042:20181010141124p:plain

 

アルツハイマーは脳の神経細胞が障害される病気で、初期にはもの忘れなどの記憶障害が現れます。病気が進行するとしだいに日常生活に支障がでるまでに認知能力が低下し、感情や人格も変化します。

ほとんどは60歳以上から症状があらわれ年齢とともに進行しますが、まれにそれ以前に発症する若年性のものがあります。2010年の推計では日本ではアルツハイマー認知症の患者は250万人です。平均寿命が延びて高齢者が増えるとともに患者数は増加していて、2030年には420万人に達すると予想されています。

アルツハイマーの発症率は下記のようになっています。

  • 65~69歳 → 1.5%
  • 70~74歳 → 3.6%
  • 75~79歳 → 7.1%
  • 80~84歳 → 14.6%
  • 85歳~ → 27.3%

使用方法を調べてみた

 

<ごく初期の症状>
人の名前が思い出せないなどの記憶障害が現れます。思いを口にするときに適当な言葉が見つからないなどの症状が出ることもあります。この段階ではまだアルツハイマーかどうかの診断はつきません。

<軽度のアルツハイマー認知症
病状が進行すると、次のようなが現れます。

  • お金の支払いなどでトラブルが起きる。
  • 知っているはずの道で迷子になる。
  • 掃除や着替えなどに時間がかかるようになる。
  • ものを変な場所にしまったり、なくしたりする。
  • すこし性格が変わったように見える。

<中等度のアルツハイマー認知症
さらに症状が進むと言語や動作、感情にさまざまな障害が現れます。

  • 友人や家族が分らなくなる。
  • 着替えができなくなる。
  • 夜中に外出して帰らなくなる(徘徊)。
  • お金を取られた、連れ合いが浮気をしているなどの妄想をいだく。
  • 怒る、怒鳴るなどの衝動的行動が増える。

<高度のアルツハイマー認知症
さらに病状が進むと次のような症状がでて、家庭での介護は困難になります。

  • 感情が外に現れなくなり、コミュニケーションがとれなくなる。
  • 睡眠時間が増えて寝たきりになる。
  • 食べ物がのみ込みにくくなったり、排便や排尿が困難になる。
  • 低いうめき声をあげることが多くなる。

作用・使用上の注意を調べてみた

  アルツハイマーの患者は脳のタンパク質の変性や委縮が認められます。それにともなって脳の神経線維が障害されます。神経伝達物質の産生も減少します。しかし、これらが老化によっておこりやすいこと以外にどのような原因でおきるのかは分かっていません。

アルツハイマーの治療は産生が減った神経伝達物質を補う薬が使われてきましたが、最近は脳神経を興奮させるグルタミン酸の受容体に作用して興奮をおさえる薬が開発されました。それによって脳細胞の障害が進行するのを抑制します。それがNMDA受容体拮抗薬のメマンチンです。「アドメンタ」はこのメマンチンを成分にするお薬で、中~高度のアルツハイマーの治療の治療に使われます。グルタミン酸の受容体に選択的に作用するので、幻覚や精神障害などの副作用がありません。

記憶の減退や判断力の低下を遅らせる効果がある事が米食品医薬品局(FDA)の臨床試験で確認されています。 
また、その作用は正常な神経伝達までは遮断しないので麻薬作用はなく幻覚・精神障害・昏睡などの副作用もみられません。

アルツハイマーの治療は薬物治療だけでなく、適切なケアと認知刺激や運動療法などの日薬物療法が大切です。

    レビュー・さらに詳しい情報は

     商品画像からお願い致します。

      「くすりエクスプレス」

f:id:rate042:20181010140046p:plain

 

アドメンタ100錠 1箱(合計100錠)