One

くすり・サプリカタログ。当サイトから購入はできません。

緑内障の点眼薬「アルファガン点眼液」

 

f:id:rate042:20181010153017p:plain

 

アルファガン点眼液

  品概要を調べてみた

 成分の酒石酸ブリモニジンが交感神経に作用して、房水を減らして眼圧を下げます。副作用がすくなく、緑内障の治療にもっともよく使われているお薬です。

f:id:rate042:20181010141124p:plain

 

  • 緑内障は視野の一部が欠ける病気で、進行すると失明することがあります。日本人の失明の原因の第1位は緑内障です。
  • 40代では20人に1人の割合で初期の緑内障が見つかっています。しかしそのうちの9割は、病気に気づかず治療をはじめていません。
  • 緑内障は左右どちらかの目がなることが多いので、視野が欠けていることに気がつきません。
  • 15~20年かけてゆっくり進行することも、気づきにくい理由のひとつです。定期的な眼科検診で早期に発見することが重要です。
  • いちど欠けた視野はもとに戻りませんが、治療で進行を遅らせることができます。現在は治療をすると、失明までいたることはほとんどありません。
  • 70代では10人に1人の割合で緑内障が見つかります。

使用方法を調べてみた

 12時間おきに、緑内障のある片目だけに、1滴点眼します。

作用・使用上の注意を調べてみた

  

緑内障は眼球をみたしている房水の圧力(眼圧)で、視神経が圧迫されて機能を失う病気です。しかし、高眼圧の人だけが緑内障になるわけではなく、緑内障の患者の7割は正常眼圧です。

正常眼圧の緑内障も、薬で眼圧を下げることによって緑内障の進行はとまります。

緑内障には以下の検査が行われます。

  1. 眼圧検査
  2. 眼底検査(視神経に異常がないか調べます)
  3. 視野検査(視野が欠けていないか調べます)

眼科で緑内障の検査を受けると、家庭でできる簡単なチェック法を指導してくれます。

    レビュー・さらに詳しい情報は

     商品画像からお願い致します。

      「くすりエクスプレス」

f:id:rate042:20181010140046p:plain

 

アルファガン点眼液