One

くすり・サプリカタログ。当サイトから購入はできません。

乾癬の治療薬!「プソルキュタン軟膏(カルシポトリオール)」

 

f:id:rate042:20181010153017p:plain

 

プソルキュタン軟膏(カルシポトリオール)

  品概要を調べてみた

 

皮膚細胞の異常増殖によって引き起こされる乾癬の治療薬!特に軽症の感染に高い効果あり!皮膚のターンオーバーのサイクルを正常に整える役割があり、様々な皮膚病にも効果的!

有効成分活性化ビタミンD3が含有されている薬剤としては、ボンアルファ軟膏やオキサロール軟膏があげられます!

乾癬とは赤い発疹の上に白色の鱗のような発疹ができる症状です。

人間の皮膚は、表皮の一番下の部分で角化細胞として作られますが、肌のターンオーバーを通じて徐々に表面に押し上げられ、最終的には垢となって剥がれ落ちていきます。

このサイクルは通常4週間と言われていますが、乾癬はその10倍の速さで肌のターンオーバーが進んでしまいます。

真皮細胞が炎症を起こして周りの皮膚に影響を及ぼしているので、毛細血管が拡張して赤みを帯びた皮膚となります。

また皮膚のもとである角化細胞が増殖し、異常な速さでターンオーバーが促進されていきます。通常は4週間で入れ替わる皮膚が3~4日のサイクルで生成されるので、表皮に白いかさぶたのように残ってぽろぽろと剥がれ落ちていきます。

乾癬は眼球と唇以外どこにでも発症する可能性があり、掻痒感などは人によって様々です。

乾癬の治療に有効な成分の一つが、活性化ビタミンD3誘導体外用薬です。中でも有効成分カルシポトリオールは乾癬の治療に最も効果があると言われています。

乾癬の原因の一つに、角化細胞ケラチノサイトが通常より早く作られてしまうことがありますが、カルシポトリオールはその増殖を抑え、皮膚のターンオーバーのサイクルを適正化する作用があります。

その力を利用して乾癬の症状を緩和・消失させる働きがあります。

f:id:rate042:20181010141124p:plain

 

使用方法を調べてみた

 

  • 1日に1回、軟膏を患部に薄めに塗り拡げます。1週間の使用量は100g以内とします。
  • 上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。

作用・使用上の注意を調べてみた

  

  • 患部の痛み、痒みなど。
  • 副作用は上記に限りません。

    レビュー・さらに詳しい情報は

     商品画像からお願い致します。

      「くすりエクスプレス」

f:id:rate042:20181010140046p:plain

 

プソルキュタン軟膏(カルシポトリオール)