One

くすり・サプリカタログ。当サイトから購入はできません。

男性型脱毛症「プロペシア」

 

f:id:rate042:20181010153017p:plain

 

プロペシア

  品概要を調べてみた

 

プロペシアアメリカにあるメルク社が開発した、男性型脱毛症の治療薬です。

剤形は錠剤で円形の薄いピンク色です。日本では2005年に厚生労働省の薬事承認を受けて処方ができるようになりました。

AGA(男性方脱毛症)の薬としては初めての内服薬です。薬の処方は健康保険適応外となっています。プロペシアは発毛作用のある「フィナステリド」という成分が1錠中に1㎎含まれています。

男性型脱毛症が進行するメカニズムは、毛周期(ヘアサイクル)の成長期が短くなって休止期が長くなることにあります。

硬い毛がうぶ毛のように細く弱々しくなっていき、進行すると髪の毛がなくなっていきます。この毛周期(ヘアサイクル)を狂わせるのが男性ホルモンであるテストステロンです。

テストステロンは、毛乳頭(毛根の根本にあり、毛母に対して髪の毛をつくる細胞分裂の指令を出すところ)にあるⅡ型5αー還元酵素と結びつくとジヒドロテストステロン(DHT)に変わります。これは脱毛を促進する物質です。

前頭部と側頭部の毛乳頭にはⅡ型5αー還元酵素が多く存在しているので、男性型脱毛症の特徴的な症状である前頭部と側頭部の脱毛の進行が現れてきます。

プロペシアの作用機序は、このⅡ型5αー還元酵素の活性化を阻害することです。この阻害効果によってテストステロンが強力なDHTに変換されるのを抑制します。

このようなメカニズムで作用する薬のため、効果があるのは、男性ホルモンが関係している男性型脱毛症(AGA)だけで、その他の脱毛症には効果はありません。

服用後にすぐに効果が出るわけではなく、内服開始後3か月程で「抜け毛が減った」などの効果を実感し始め、6~12か月後に明らかになってきます。

国内で販売されているプロペシア

f:id:rate042:20181010141124p:plain

 

使用方法を調べてみた

 

服用量と回数…1日1回0.2~1㎎を服用します。

メルク社のプロペシアは、錠剤として、「プロペシア0.2㎎錠」と「プロペシア1㎎錠」の2種類があります。実際には、十分な効果を得るために1日あたり1㎎の投与をすることが多いです。

1日1回1錠の服用になります。1日のうちのどこかで内服すればよいのですが、血中濃度を一定にするためにもある程度内服する時間帯は決めておくと良いでしょう。

過剰に内服したからといって効果が増大するわけではないので1日1回1錠を守りましょう。適応は20歳以上の男性における男性型脱毛症の場合です。女性に効果は認められません。

効果が現れ始めるのは服用後3か月程してからです。見た目上の効果が現れるのは最低半年くらいかかります。そのため最低半年は飲み続ける必要があります。

効果は大幅に改善するというよりかは「やや改善」または現状維持や進行を抑えるといった程度になりますのでそのことを認識した上で内服して下さい。

1年たっても効果が認められない時は続けてもほとんど効果はないため、服用を中止します。

内服を途中でやめると脱毛が進行して元の状態に戻ってしまうので、飲み始めたら続ける必要があります。

錠剤を割って服用した場合の有効性は保証されていないので、割らずに内服することが推奨されています。 

作用・使用上の注意を調べてみた

  

  • 肝機能障害・・・体がだるい等の症状がでることがあります。血液検査をしてγ-GTP・GOT(AST)・GPT(ALT)などの肝機能の数値が上昇している場合は服用を中止する必要があります。
  • 性欲減退、勃起不全・・・確立としては0.7%程度なのでほとんど気にする必要はないといえます。
  • 過敏症・・・掻痒症、発疹、蕁麻疹などのアレルギー症状
  • その他・・・乳房圧痛、乳房肥大、めまい、抑うつ

注意点として、プロペシアを内服していると、前立腺癌のマーカーである血中前立腺特異抗原(PSA)が約半分に減少してしまいます。

そのため、プロペシアを内服中に健康診断などでこのPSAを測定した場合は、値を約2倍に換算する必要があることを覚えておいてください。病院に受診する時や健康診断を受ける際には必ずプロペシアを内服していることを病院に伝えることが大切です。

    レビュー・さらに詳しい情報は

     商品画像からお願い致します。

     「くすりエクスプレス」

f:id:rate042:20181010140046p:plain

 

 

 

プロペシア