One

くすり・サプリカタログ。当サイトから購入はできません。

睡眠改善サプリの定番!「メラトニン3mg」

 

f:id:rate042:20181010153017p:plain

 

メラトニン

  品概要を調べてみた

 

欧米では薬局で買える「睡眠サプリ」の定番!睡眠薬のような依存性は一切なし!

メラトニンは脳の松果体から分泌されるホルモンで、睡眠ホルモンと呼ばれています。

体内時計に働きかけ、覚醒と睡眠を切り替え眠気を誘う作用があります。

朝は体内時計からの信号でメラトニンの分泌は止まり、覚醒後14〜16時間ほど経過すると再び体内時計からの信号により分泌されます。

メラトニンの分泌が徐々に高まることで深部体温が低下し身体は休息状態に導かれ、眠気を感じるようになります。

メラトニンは眠気を誘う作用の他にも、抗酸化作用で細胞の新陳代謝を促したり免疫力を高めることで老化や癌をはじめとする病気の予防になったり、ストレスやイライラの解消、気分の向上などの様々な素晴らしい効能があると言われています。

メラトニンの分泌は主に光によって調節されています。明るい光によりメラトニンの分泌は抑制されるため、日中はメラトニンの分泌量は低く、夜間には分泌量が十数倍に増加する日内変動が起こります。

そのため夜に強い照明下にいると体内時計が乱れてメラトニンの分泌が抑えられ睡眠覚醒リズムが乱れてしまう原因になります。

生活リズムが不規則だと、このようにメラトニンが正常に分泌されなくなるので不眠の原因となっていきます。

また、メラトニンは加齢と共に体内の分泌量が減少し体内時計の調節機能が低下していきます。

このため高齢者はこのメラトニン不足という原因によって朝早く起きたり夜中に何度も目が覚めてしまう方が多いのです。

そこで研究の結果、夕方以降にメラトニンを摂取することで夜熟睡できるようになることが明らかとなり、海外ではメラトニンを有効成分として含むサプリメントが多く登場するようになりました。

不眠症の方をはじめ、生活リズムが不規則な人、時差ぼけを解消したい人など睡眠に対して不安がある方にメラトニンは非常に人気です。

本来は自然に体内で分泌され存在している物質なので一般的な睡眠導入剤に比べて依存性や習慣性は少ないと言われていますが、メラトニンはホルモン物質であり脳に作用する薬であるため日本では副作用の心配が危惧され販売されていません。

日本ではメラトニンそのものではなくメラトニンの量を増やすためのメラトニン受容体作動薬が処方医薬品として販売されています。

そのためメラトニンを含む薬を購入する際はネットなどで個人輸入の必要があります。

メラトニンは欧米や東南アジアでは薬局でビタミン剤などと一緒に簡単に購入できる睡眠サプリメントで、睡眠薬のような強い作用や副作用、離脱症状はございません。

f:id:rate042:20181010141124p:plain

 

メラトニンは動物や植物の体内にあるホルモンなんです。人間の場合には神経に作用するホルモンと言われています。

メラトニンの働きなんですが、人の睡眠にすごく影響があるホルモンです。

影響がある理由なんですが、昼間に人が動いていてると人間の体内で生成されて分泌されるメラトニンの量が減っていき、夜になって寝ようとするとメラトニンの分泌する量が増えていきます。

しかも面白い事に、メラトニンの生成には光に大きな影響があるんです。そのため昼間に光を強く浴びると、メラトニンの生成する量が減ります。

だから、夜間の仕事をしている人は夜でも強い光を浴びていたりすると、メラトニンの昼間は生成する量を減らして夜は増やすといった生成サイクルがおかしくなってきてしまうので、眠れないなどの不眠症などの症状が出てきたりする場合があります。

そのため、不眠症にかかっている人の治療に睡眠薬ではなく、メラトニンを使う事もありますし、不眠症でなくてもぐっすり眠りたい、最近ちょっと眠りが浅いと感じる場合はメラトニン服用で改善します。

この他にもメラトニンには抗酸化作用で活性酸素の除去を行うアンチエイジングという若返りにとても効果があると言われています。

メラトニンは医薬品ではなく、薬ではメラトニンを増やす効果があるものなどはありますが、メラトニンアメリカなどではサプリメントの形で販売されています。

メラトニンは幼児が1番生成量が多くて、年齢がいくほど減っていくので、高齢の人がなかなか寝付かれないのはこのメラトニンが不足しているのも原因の一つと言われています。

使用方法を調べてみた

 

  • 夜なかなか寝付けない
  • 不眠症だが、睡眠薬は飲みたくない
  • 眠りが浅く、深夜や朝方に目が覚める
  • 起床時に疲れが残っている
  • もっとぐっすり快眠したい
  • 週末は量質が高い睡眠をしたい
  • 体内時計を調整して時差ぼけを解消したい
  • 質の高い睡眠で肌などアンチエイジングをしたい

通常就寝する約30分~1時間前に1錠を目安に服用します。

初めて服用する時は少量から試して、身体の状態など必要に応じて適宜増減することを推奨します。

メラトニン服用量は3~10mgが一般的です。

場合によっては就寝する数時間前に服用したほうが効果が出ることがあり、服用のベストタイミングには個人差があるので様子を見てください。

作用・使用上の注意を調べてみた

  

元々は体内で分泌されるホルモン物質であるため副作用は少ないですが、疲労、頭痛、悪夢、眩暈、憂鬱症、そう痒、性欲低下、メラトニン生成能の低下などがまれに報告されています。

フルボキサミンなどのSSRI系の抗鬱薬、抗精神疾患薬は併用禁忌です。

またエストロゲンなどのホルモン補充療法薬やキノロン系の抗生物質などメラトニン血中濃度を高める作用がある薬や飲み合わせが良くない薬が多数存在するので、何らかの疾患で服薬治療中の方はメラトニン服用前に飲み合わせをご確認ください。

    レビュー・さらに詳しい情報は

     商品画像からお願い致します。

      「くすりエクスプレス」

 

 

f:id:rate042:20181010140046p:plain

 

メラトニン