One

くすり・サプリカタログ。当サイトから購入はできません。

低用量ピル「マーベロンジェネリック (ノベロン)」

 

f:id:rate042:20181010153017p:plain

 

マーベロンジェネリック (ノベロン)

  品概要を調べてみた

 

低用量ピルであるマーベロンジェネリック医薬品ノベロンは、黄体ホルモンであるデソゲストレルと、卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールを配合しています。

黄体ホルモンは排卵を阻害し、卵胞ホルモンは着床を阻害することにより妊娠を妨げ、避妊用のピルとしてお使いいただけます。

また子宮口の頚官粘液の成分を変化させ、粘度を高めることで精子が侵入しにくい環境を整えます。ニキビや吹出物などの肌荒れにも改善効果があると言われています。

1ヶ月以上(そのうち服用は21日間、休薬7日間)の服用により、血中の黄体ホルモンと卵胞ホルモンの値は一定に保たれます。その結果、脳下垂体から分泌される生理的パターンが阻害されて、妊娠ができない環境を作ります。

避妊効果は服用後、最低でも1週間の経過が必要です。

避妊用ピル以外にも、月経痛(PMS)や月経不順、子宮内膜症の改善、そして服用を続けることにより子宮がんや卵巣がんの予防にも効果が認められます。

ホルモンバランスを整える働きもあるので、更年期治療にも用いられることがございます。

ホルモンを含有したお薬のため、ホルモン治療をされている方やホルモン依存性の疾患(乳がんなど)をお持ちの方は服用できません。【使用・併用禁忌】を必ずお読みいただき、主治医とご相談ください。

長期間服用いただくお薬のため、副作用にもご注意いただく必要がございます。【副作用】を必ずお読みいただき、個人差についてご理解いただいた上で服用をご検討ください。

低用量ピルを服用することで、避妊以外にも次のような二次的効果も期待できます。

f:id:rate042:20181010141124p:plain

 

低用量ピルの服用におけるデメリットとして「体重増加(太る)」が挙げられます。 低用量ピルによって太る原因は幾つかあるのです。

女性ホルモンのエストロゲンが増加することで、体内の保水力が高まり水分を溜め込みむくみやすくなることがあります。

低用量ピルに含まれる黄体ホルモンの成分にはアンドロゲン(男性ホルモン)を刺激する作用があり、そのアンドロゲン作用によって脂質代謝が変わり太ることがあります。

低用量ピルは身体が生理前や妊娠時のような状態を維持するため、食欲が増進して体重増加に繋がることがあります。 ただし、マーベロンは第3世代という新しい世代の低用量ピルです。

高い避妊効果を維持したまま有効成分のホルモン量が必要最小限に抑えられており、従来の低用量ピルを改良して開発されたため体重増加などの副作用が起こりにくくなっています。

使用方法を調べてみた

 

避妊を目的としたピルは、服用期間と休薬期間がございます。 月経開始1日目~21日目(3週間)、毎日一定時間に1錠服用してください。

飲み忘れを防ぐために、朝の服用をおすすめいたします。

22日目~28日目(1週間)はお薬を飲まない休薬期間となります。 28日(4週間)を1サイクルとし、29日目=1日目から同様に服用を始めてください。

1日に2錠以上の服用は控えてください。 飲み忘れたことに気づいた際はその日の服用は控え、翌日決まった時間に服用してください。

避妊効果は、最低でも1週間以上服用してからその効果が現われます。 規則的に服用することで避妊効果を発揮しますので、カレンダーやアプリなどを活用して服用方法をお守りください。

飲み忘れた場合の避妊失敗率は、9%という臨床試験の報告がございます。 特に飲み始めた1週間の間に、頭痛や吐き気、少量の不正出血などの副作用が現われやすいと報告されています。

時間の経過と共にこれらの副作用が消失されることが多いのですが、悪化する際には専門医の受診をおすすめいたします。

のぼせやほてりがある方、のどがよく乾き肌の乾燥がある方は、副作用が発現しやすい体質ですので、専門医や薬剤師に相談の上で服用を検討してください。

マーベロンと他のピルとの併用は控えてください。 更年期障害などに効果があるサプリメントとの併用は控えてください。

休薬期間に漢方薬を飲みたい方は、以下の漢方薬との併用は可能です。

これらの漢方薬は卵巣の働きをサポートするので、近い将来妊娠を希望される方にはおすすめです。 但し、漢方薬は休薬期間にのみ併用が可能です。

ピルの副作用として、血栓ができやすいという報告があります。 血栓症の方や高血圧、心筋梗塞の既往のある方は服用をお控えください。すでに外科的避妊手術や子宮を取り除く手術をされた方も服用をお控えください。

作用・使用上の注意を調べてみた

  

服用を開始して特に1週間以内に、少量の不正出血や頭痛、吐き気などの副作用がみられる場合がございます。

これらの症状は、時間の経過と共に消失することがほとんどですが、症状が悪化した場合には専門医への受診をおすすめします。 血が固まりやすくなる、血栓症も多く報告されています。

心筋梗塞脳梗塞、肺血栓などの既往がある方は服用をお控えください。 ホルモンに依存する乳がんや子宮がん(子宮頸がん・子宮体がん)の方や、その疑いがある方は服用をお控えください。

年齢が35歳以上で、1日に15本以上タバコを吸われる方も服用を控えてください。 喫煙されている方に重篤な副作用が現われることが臨床試験から報告されています。

糖尿病や高脂血症脂質異常症)、肥満症の方も服用をお控えください。

    レビュー・さらに詳しい情報は

     商品画像からお願い致します。

    「くすりエクスプレス」さん

f:id:rate042:20181010140046p:plain

 

マーベロンジェネリック (ノベロン)