One

くすり・サプリカタログ。当サイトから購入はできません。

アシクロビル5%配合「ゾビラックスクリーム(アシクロビル)」

 

f:id:rate042:20181010153017p:plain

 

ゾビラックスクリーム(アシクロビル)

ゾビラックスクリーム(アシクロビル)

  品概要を調べてみた

 

ゾビラックスクリーム(アシクロビル)は、単純疱疹の原因となるヘルペスウイルスの増殖をおさえる働きのあるお薬です。

抗ウイルス薬であるアシクロビルが配合されており、市販されているヘルペシアクリームなどにも、同成分が配合されています。

ゾビラックスクリーム(アシクロビル)は、白色の滑らかなクリーム剤で、塗布しやすいことが特徴です。 似た種類のお薬で、アラセナAやアラセナS(ビダラビン)なども販売されています。

※外用剤だけで効果が無い場合には、内服薬であるゾビラックスの内服(アシクロビル)バルトレックス(バラシクロビル)などが有効である場合があります。

ヘルペスが発症する前には、ピリピリ・チクチクを感じるので、早めに本剤を塗布することで高い効果を発揮します。 発症すると、患部でのウイルスの増殖が活発になり、半日以内に赤く腫れてきます。

1~3日経過すると、水ぶくれがあらわれますが、水ぶくれが破れると他の部分に感染するため、注意をするようにして下さい。 その後、かさぶたができ、次第に治っていきます。

ゾビラックスクリーム(アシクロビル)は、「抗ヘルペスウイルス薬」という種類のお薬で、通常の抗生物質が効かないウイルスを殺す働きがあります。

配合されているアシクロビルは、1974年にアメリカで合成された抗ウイルス薬であり、世界100カ国以上で承認されている成分です。

ヒトの正常な細胞の機能を妨げることなく、ウイルスに感染した細胞にのみ働きかけるので、副作用が少ないという特徴があります。

これは、正常細胞と感染細胞の核酸やタンパク質を合成する仕組みに違いがあることを利用しているので、正常細胞においては悪影響を及ぼさないのです。

ゾビラックスクリームに配合されているアシクロビルは、単純ヘルペスウイルスが感染した細胞内に入ると、ウイルスにのみ存在している酵素よって酸化を受けて、アシクロビル三リン酸となります。

アシクロビル三リン酸は、正常基質であるdGTPと競合して、ウイルスDNAの合成をさまたげ、ウイルスDNAの複製を停止させます

f:id:rate042:20181010141124p:plain

 

使用方法を調べてみた

 

通常、適量を1日あたり数回、塗布する。 (7日間使用しも効果がみられない、あるいは悪化する場合には、他の治療方法を検討するようにしてください。)

ゾビラックスクリームの使用は、発病初期に近いほど効果が高いことがわかっています。症状を感じたら、すみやかに使用を開始するようにしましょう。

作用・使用上の注意を調べてみた

  

  • 軽度の副作用 刺激感、かゆみ、接触性皮膚炎、紅斑性発疹、塗布部位の痛み、皮膚乾燥など
  • 禁忌 本剤の成分あるいはバラシクロビル塩酸塩(バルトレックス)に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 併用してはいけない薬 患部に対する他の塗り薬などは、治療効果に影響を及ぼす可能性があります。
  • ※ここに記載した薬剤が全てではないので、注意をするようにして下さい。
  • 使用上の注意 ・妊娠又は妊娠している可能性のある婦人については、本剤の使用は専門家の判断を仰いでください。
  • 角膜や結膜などに、眼科用として使用しないようにしてください。 (眼科用としては、ゾビラックスの眼軟膏が製造販売されています。)
  • 本剤の基材として使用されている油脂性成分は、コンドームなどの避妊用ラテックスゴム製品の品質を劣化させ、破損する可能性があるので、これらと接触することのないようにしてください。 

    レビュー・さらに詳しい情報は

     商品画像からお願い致します。

    「くすりエクスプレス」さん

f:id:rate042:20181010140046p:plain

 

ゾビラックスクリーム(アシクロビル)

 

ゾビラックスクリーム(アシクロビル)