One

くすり・サプリカタログ。当サイトから購入はできません。

カンジダ症「ダイフルカンジェネリック」

 

f:id:rate042:20181010153017p:plain

 

ダイフルカンジェネリック200mg

  品概要を調べてみた

 

フォルカンは有効成分としてフルコナゾール200mgを含有するアゾール系の抗真菌薬です。

カンジダ症の第1選択薬ジフルカンのジェネリック医薬品であり、先発品と同等の成分・効果でありながら先発品より安く購入することが可能です。

有効成分フルコナゾールはカンジダとクリプトコッカスに対して強い抗真菌作用を発揮するため、カンジダ属及びクリプトコッカス属による真菌血症、呼吸器真菌症、消化管真菌症、尿路真菌症、真菌髄膜炎などの内臓真菌症などの治療に世界中で広く使用されています。

クリプトコッカスはあまり馴染みがありませんが、カンジダは皮膚や口腔内、膣内などの体内に存在する常在菌で、カンジダ症は幅広い年齢層で多く見られる疾患です。

カンジダが引き起こす代表的な疾患は膣カンジダ症です。膣カンジダ症は性感染症でもありますが、大部分は体内で潜在していたカンジダが過剰に増殖することによって起こる疾患です。

カンジダが活発化する原因には体調不良や疲労ステロイドや抗ガン剤などの免疫を抑える薬物治療などがあります。

ジフルカンの有効成分フルコナゾールは特に腟カンジダ症の治療に非常に多く使用されています。

近年では造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防投与の適応も追加されました。 体内への吸収が良好であるため、高濃度を維持した状態で病巣に到達し効果を発揮します。

また副作用も比較的少ない抗真菌薬と言われています。 フルコナゾールは真菌特有の細胞膜の成分であるエルゴステロールの合成を阻害することで真菌の成長を抑制し死滅させます。

エルゴステロールは人間の細胞には存在しないため影響は全くくないので安全です。

近年ではジフルカンの成分フルコナゾールが膣内環境を整えることにより女性器からの分泌液を増やし女性の不感症を改善してくれるとして女性用バイアグラと呼ばれることがありますが、信憑性は解明されていないので抗真菌薬の安易な使用は避けてください。

女性で不感症でお悩みの方や性行為時の感度を高めたい方は女性用バイアグラ(ラブグラ)が検討できます。

f:id:rate042:20181010141124p:plain

 

使用方法を調べてみた

 

カンジダ症の治療の場合、フォルカンを通常成人は50~100mgを1日1回服用します。重症及び難治性の真菌感染症の場合は1日400mgまで増量することが可能です。

クリプトコッカス症においては通常成人は50~200mgを1日1回服用します。この場合も最大用量は400mgです。

カンジダ属による腟炎や外陰腟炎においては通常成人は150mgを1日1回服用します。 服用開始して4~7日以上経過しても症状が改善しない場合は、他の薬剤への切替などの対応が必要です。

作用・使用上の注意を調べてみた

  

フルコナゾールの副作用は少ないですが、吐き気や腹痛、下痢、発疹などの症状が報告されています。

もしもジフルカン服用後に何らかの異常が出て症状が強い場合は服用を中止してすぐ受診してください。

また滅多にありませんが、成分フルコナゾールの重大な副作用としてアナフィラキシーショックや皮膚障害、血液障害、腎障害、肝障害などが報告されているため注意してください。

睡眠薬トリアゾラム片頭痛治療などに使用されるエルゴタミン製剤、抗精神病薬のピモジド、抗不整脈薬のキニジンC型肝炎治療薬のアスナプレビルやダクラタスビル・アスナプレビル・ベクラブビル配合錠はフルコナゾール配合薬と併用禁忌になります。

他にも禁忌ではないものの飲み合わせに注意しなければならない薬が多数あるので、何らかの疾患で服薬治療中の方はジフルカンの服用を開始する前に必ず医師か薬剤師に相談してください。

妊娠中の方はジフルカンの使用を控えてください。 また腎障害、肝障害、高齢者の方は薬の血中濃度が上がり副作用の発現リスクが上がるためフォルカンの服用に慎重な注意が必要です。

    レビュー・さらに詳しい情報は

     商品画像からお願い致します。

    「くすりエクスプレス」さん

f:id:rate042:20181010140046p:plain

 

ダイフルカンジェネリック200mg