One

くすり・サプリカタログ。当サイトから購入はできません。

生理痛やPMS「ダイアン35」

 

f:id:rate042:20181010153017p:plain

 

ダイアン35

  品概要を調べてみた

 

ダイアン35はアジア人の体格に合わせてつくられた第3世代の低用量経口避妊薬(ピル)です。

日本では未認可ですが、含有するホルモン量が少ないため、身体への負担が少なく、副作用も少ない薬です。第3世代のピルはホルモン量がすべて同じの一相性で服用が簡単です。

ダイアン35には黄体ホルモン剤の「酢酸シプロテロン」と卵胞ホルモン剤「エチニルエストラジオール」の2つの有効成分が含まれています。

この2つのホルモンの働きにより、排卵が起きないようになり、万が一排卵して受精しても着床しにくい状態をつくりあげます。

さらには、子宮頸管粘液を変化させて精子の子宮への通過を妨げる働きもあり、毎日正しく服用していれば、ほぼ完全に妊娠を防ぐことができます。

ダイアン35はPMS月経前症候群)や生理痛を軽減したり、子宮内膜症の改善、更年期障害の軽減などの効果が得られます。

服用により生理周期が規則正しくなるというメリットもあります。また、ホルモンバランスが原因のニキビへの有効性が高く、生理時にできやすいニキビを抑える目的でよく使用されます。

また、多毛症の改善やバストアップ効果、美肌効果なども期待できます。

成分の酢酸シプロテロンには、強力な抗男性ホルモン作用があり、男性ホルモンの働きを抑制します。

男性ホルモンが弱まると、体毛が薄くなったり、筋肉が脂肪に変わって女性らしい体つきになるので、性同一性障害等の男性が女性化の目的で服用することがあります。

f:id:rate042:20181010141124p:plain

 

使用方法を調べてみた

 

ダイアン35は生理が始まった日から1日1錠、21日間続けて服用し、その後7日間休薬します(Day1スタート)。

一般的に休薬期間に生理のような出血(消退出血)が来ます。前回の服用を終えてから7日経ってから次のシートを飲み始めてください。

もし出血が確認できなくても正しく服用していれば避妊効果は持続されています。通常通り7日間の休薬後に次のシートの服用を開始してください。

ダイアン35は生理が始まった最初の日曜日(日曜日に始まった時はその日から)に服用を始めることもできます(Sundayスタート)。この飲み方では週末に生理が来ません。

ダイアン35は毎日同じ時間に服用を続けることが大切です。服用を忘れた場合は、飲み忘れてからどのくらい時間が経過したかで対応方法が変わります。

飲み忘れに気付いたのが次の日(24時間)の場合は、気付いた時にすぐに服用し、その日の錠剤はいつもの時間に服用してください。

2日(48時間)以上服用を忘れた場合は、そのシートの使用は一旦中止して次の生理の開始日から服用を再開してください。

この場合は避妊効果が得られない可能性があるので、避妊目的の方は性行為時にコンドームなど他の避妊法を使用してください。避妊目的以外に服用する場合は、中止せずにそのまま飲み続けることが多いでしょう。

飲み忘れをすると予期せぬ排卵や不正出血を起こすことがあります。夕食後や就寝前など、飲みやすい時間に忘れずに服用するよう習慣づけましょう。

作用・使用上の注意を調べてみた

  

ダイアン35は悪心や吐き気などの胃腸障害、腹痛、胸の張り、めまいなどの症状や性器出血がみられることがあります。これらの症状は飲み初めに出やすく、徐々におさまることが多いようです。

また、血栓症の副作用が報告されています。血栓症とは血管の中に血の塊ができる症状で、血栓ができる場所によっては肺塞栓や脳卒中など重篤な病気を引き起こします。

35歳以上の方と一日15本以上タバコを吸う方は血栓症のリスクが高くなるようですので、ダイアン35を服用するときはタバコは控えましょう。

もし突然の息切れや胸や痛み、激しい頭痛、足の痛みやむくみ、視界が狭くなるなどの症状が現れた場合は、血栓症の疑いがありますので、速やかに医師の診察を受けてください。

    レビュー・さらに詳しい情報は

     商品画像からお願い致します。

    「くすりエクスプレス」さん

f:id:rate042:20181010140046p:plain

 

ダイアン35