One

くすり・サプリカタログ。当サイトから購入はできません。

舘ひろしさん禁煙「チャンピックスメンテナンスセット」

 

f:id:rate042:20181010153017p:plain

 

  品概要を調べてみた

 

チャンピックスメンテナンスセットは、禁煙外来で処方される禁煙補助薬をご自身で購入いただける商品です。

日本国内では禁煙外来でしか処方されない禁煙補助薬(チャンピックス)と同一成分(バレニクリン)が同一量(1mg)配合されています。

アメリカのファイザー社が開発した禁煙補助薬です。

日本国内で2008年に承認・販売されたチャンピックスはまだ特許が切れていないため、ジェネリックと呼ばれる後発品が販売されていません。そのため、禁煙外来を受診すると約3ヶ月で約2万円(保険適用・3割負担)の費用がかかります。

クリニックや病院に通院するにはお仕事を休むなど、時間的な拘束も必要になりますので、チャンピックスメンテナンスセットは時間や金銭面で負担がかかる方にお勧めです。

また、禁煙外来を受診後1年経過していない方は、保険が適用されないため自費診療となります。自費診療の場合、約63,000円の費用がかかるため、禁煙外来を受けられて1年経過していない方にもお勧めです。

チャンピックスメンテナンスセットは医学的に設計された禁煙補助剤で、服用することでタバコのニコチン依存を徐々に引き下げて、禁断症状などを緩和させることができます。

チャンピックスを12週間(約3ヶ月)飲み続けることで、禁煙の成功に結び付けることができます。チャンピックスの4週間禁煙成功率は、78.5%という高い臨床試験結果が報告されています。

20代~40代よりも50代~70代の方が成功率は高く、女性よりも男性の方が成功率は高い結果が出ています。

チャンピックスメンテナンスセットは他の禁煙のための治療薬とは異なり、服用開始から1週間はタバコを吸える点が最大の特徴です。

禁煙開始時期(スターターパック)は徐々に用量を上げていく必要がありますので、用法用量を守って正しく服用してください。

禁煙には約3ヶ月の時間が必要になります。禁煙補助薬を服用してもすぐに禁煙できるわけではありませんので注意が必要です。

チャンピックスメンテナンスセットは、スターターパックの服用期間が終了した後に用いる継続用の禁煙補助薬となっています。喫煙が我慢できなくなりそうな方は、メンテナンスパックをご利用ください。

f:id:rate042:20181010141124p:plain

 

使用方法を調べてみた

 

  • 第1~3日目:0.5mgを1日1回、食後(朝、昼、夕のいずれか)に服用します。
  • 第4~7日目:0.5mgを1日2回、朝食後と夕食後に服用します。
  • ☆第8日目から禁煙を開始してください。☆
  • 第8日目以降:1mgを1日2回、朝食後と夕食後に服用します。

チャンピックスの服用方法

作用・使用上の注意を調べてみた

  

臨床試験の結果、チャンピックス服用後に眩暈(めまい)を起こすことがありますので、車の運転や危険な操作を伴う作業をする方は注意が必要です。

その他のチャンピックスの副作用として、嘔気(吐き気)が28.5%、不眠症が16.3%、異常な夢が13.0%、頭痛が11.6%報告されています。いずれも重症ではありませんが、症状がひどい場合は、服用を中止する前に医療機関を受診してください。

チャンピックス服用を安易に辞めてしまわず、専門医の相談を受けながら中止又は継続を検討してください。 禁煙によりニコチンを一気に遮断してしまうと、禁煙による離脱症状(イライラ症状や気分の落ち込み、集中できない)がでてしまいがちです。

チャンピックスはニコチン受容体を軽く刺激することで少量のドーパミンを放出させて、禁煙に伴う諸症状を軽減するだけではなく、タバコに対する欲求を軽減する効果があります。

ドーパミンの放出量(摂取量)は、ニコチンの半分くらいです。また、チャンピックスの成分バレニクリン酒石酸塩服用後は禁煙中にタバコを吸っても今ひとつスッキリせず、喫煙による満足感が得られにくくなることで、禁煙を補助してくれる効果もあります。

たばこと同様に、小さなお子さんや愛犬などのペットの手の届かないところで保管してください。

チャンピックスは1日に2回、忘れず服用することが大切です。飲み忘れを防止するために、携帯のアラーム機能を活用されるのもお勧めです。

    レビュー・さらに詳しい情報は

     商品画像からお願い致します。

    「くすりエクスプレス」さん

f:id:rate042:20181010140046p:plain

 

チャンピックスメンテナンスセット