One

くすり・サプリカタログ。当サイトから購入はできません。

飲んで水虫を治すお薬「ジミッグ(テルビナフィン)」

 

f:id:rate042:20181010153017p:plain

 

  品概要を調べてみた

 

ジミッグ(テルビナフィン)は飲んで水虫を治すお薬です。ぬり薬では治りにくい爪の水虫やかかとの水虫にもよく効きます。

成分のテルビナフィンはとくに水虫の原因となる白癬菌の抗菌力が高い抗真菌薬です。病院の皮膚科でも水虫の治療にはこの薬がよく使われています。

デリケードゾーンの痒みを起こすカンジダ菌にも効果があります。白癬菌カンジダ菌もカビの仲間の真菌類です。

ジミッグは同じ成分の先発薬「ラミシール」のジェネリック医薬品なので、先発薬より低価格です。

f:id:rate042:20181010141124p:plain

 

使用方法を調べてみた

 

  • 1日1錠を服用します。
  • 足指の水虫やカンジダ症は4週間くらいの服用で治癒します。
  • 爪の水虫や角質層の厚いかかとの水虫は、重症化した水虫なので2~3ケ月治療を続ける必要があります。
  • 妊娠中、またその予定のある人は医師にご相談ください。

作用・使用上の注意を調べてみた

  

水虫の原因になる白癬菌は人の角質を好むカビで皮膚に常在しています。ふだんはあまり増殖できませんが、環境が合えば繁殖します。

日本の夏は高温多湿で、とくに靴の中は汗でいつも湿った環境になります。休眠していた白癬菌が活発なる条件が整うが、朝から夕方までこの環境下にある足指と足指が接触する皮膚です。

水虫はお父さんの病気というイメージがありますが、1日中靴を履いているビジネスパーソンは男女を問わず水虫にかかるリスクが非常に高くなります。女性の外陰部も風通しの悪いストッキングなどに1日包まれているとカンジダ菌が繁殖しやすい環境になります。

水虫は薬で症状が消えても、一部が角質の深いところで休眠していることがあります。中途半端に治療すると、毎年夏には再発することになります。水虫はストレスや体力の低下でも再発します。

人の身体は免疫力で細菌や真菌(カビ)の繁殖をおさえています。ストレスや過労、老化などで免疫力が低下すると、白癬菌カンジダ菌も繁殖しやすくなります。

    レビュー・さらに詳しい情報は

     商品画像からお願い致します。

    「くすりエクスプレス」さん

f:id:rate042:20181010140046p:plain

 

ジミッグ(テルビナフィン)250mg