One

くすり・サプリカタログ。当サイトから購入はできません。

勃起不全お薬が初めて方におすすめ「カマグラゴールド50mg」

 

f:id:rate042:20181010153017p:plain

 

カマグラゴールド50mg

  品概要を調べてみた

 

カマグラゴールド50mgはED治療薬バイアグラ50mgの1番人気のジェネリックED治療薬です。

カマグラゴールド50mgは、有効成分としてシルデナフィル50mgを含有する医薬品で、1錠あたり100mg配合のカマグラゴールド100mgも人気です。

シルデナフィルを含有する薬剤としては「バイアグラ」が有名ですが、現在ではカマグラゴールドを含む複数のジェネリック医薬品が発売されています。

カマグラゴールドはインドの「アジャンタ・ファーマ社」という製薬会社が製造販売を行っている医薬品で、非常に人気の高い薬剤です。 人気の理由としては、先発医薬品に比べて薬価が安いことと、様々な剤型があることが挙げられます。

先発医薬品である「バイアグラ」は1998年1月よりアメリカで発売され、「夢の薬」として爆発的な人気を誇りました。 しかしながら、薬剤の値段が効果であったことがネックだったので、カマグラゴールドはその欠点を解消した、非常に有用なお薬なのです。

また、剤型についても最もスタンダードな錠剤である「カマグラゴールド」に加えて、水に錠剤を溶かしてから服用する発砲錠や、錠剤を口の中で溶かしたり噛んで服用できるPOLO錠、POLO錠と同様に噛んで飲めるが様々な味のあるチュアブル錠、ゼリー状タイプ、早漏改善薬である「ダボキセチン」を配合した「スーパーカマグラ」といった独創的な剤型も発売されています。

ゼリー状タイプは非常に人気もあり、1箱に7種類の味(キウィ、いちじく、グリーンアップル、ライチ、グアバラズベリー、キャラメル)が入っているものです。 ゼリーなので服用しやすく、即効性も高いと感じる方も多いため、非常に人気があるのです。

カマグラゴールドの主成分であるシルデナフィルは、大量の血液がペニスに流れ込みやすくすることで、勃起力を増強してくれます。

これにより、勃起の持続はもちろんのこと、EDの改善とともに長時間の性行為も可能となることから、充実したセックスライフを送ることができるようになるのです。

服用したことで絶えず勃起状態となるのではないかと心配される方も多いですが、性的なリビドーがない場合や、陰茎に対する適切な物理的刺激がない場合には、勃起は起こりません。

また、カマグラゴールドには一般的な媚薬や精力剤などとは異なり、性欲そのものを増大させる効果はありません。

f:id:rate042:20181010141124p:plain

 

使用方法を調べてみた

 

効能・効果は、「勃起不全(満足な性行為を行うに十分な勃起とその維持が出来ない患者)」とされています。

用法・用量は、「通常、成人には1日1回シルデナフィルとして25mg~50mgを、性行為の約1時間前に経口投与する。」です。 食事と共に本剤を服用すると、空腹時に投与した場合に比べて効果発現時間が遅れることがあることがわかっています。

空腹時に服用するようにしてください。 どうしても食後に服用する必要がある場合には、油分の少なめのあっさりとした食事にすることで、効果を発揮しやすくすることが可能となります。

肝障害のある患者、重度の腎障害(Ccr<30mL/min)ある患者、高齢者(65歳以上)については、25mgをより開始するようにしてください。(本剤の血漿中濃度が増加することが認められているため) また、1日の投与は1回とし、投与間隔は24時間以上空けるようにしてください。

作用・使用上の注意を調べてみた

  

カマグラゴールドの主成分であるシルデナフィルは、生体内でcGMP(環状グアノシン一リン酸)の分解を行っている PDE-5(5型ホスホジエステラーゼ)の酵素活性を阻害することで、効果を発揮します。

これが陰茎周囲のNO作動性神経に作用して血管を拡張させ、血流量が増えることで、EDの治療に効果を発揮すると考えられているのです。 一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)あるいは硝酸剤を併用することで、心停止などの心臓の症状が発症する可能性があることが分かっています。

これらの薬剤を併用することによる死亡例も複数例報告されているので、併用薬がある際には注意をするようにしてください。 薬価収載されている薬剤としては、亜硝酸アミル「第一三共」やニトロペン、ミリスロール、ニトロール、フランドルなどが該当となります。後発医薬品などでは名前が異なる場合もあるので、前述のものが全てではありません。

また、低血圧または治療による管理がなされていない高血圧患者、脳梗塞脳出血心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内にある患者、網膜色素変性症患者、心血管系障害や重度の肝機能障害をお持ちの方は使用が禁忌となっているので、服用しないようにしてください。

その他、カマグラゴールドと併用による相互作用が報告されているので、可溶性グアニル酸シクラーゼ刺激剤であるリオシグアト(アデムパス)やアミオダロン塩酸塩経口剤(アンカロンなど)を投与中の方は、服用しないようにしてください。

副作用として代表的なものは、血管拡張(ほてり、潮紅)、頭痛、CK(CPK)増加などが挙げられます。 また、循環器の症状である胸痛、動悸、頻脈、高血圧、不整脈、不完全右脚ブロック、末梢性浮腫や、精神・神経系の症状である異常感覚、下肢痙攣、記憶力低下、興奮、不安、不眠症や、消化器の症状である悪心、胃腸障害、口渇、消化不良、腹痛といった副作用も報告されています。

ここに記載した以外の副作用も一部では報告されているので、異常を感じた際には服用を中止して、医師に相談をしてください。 特に、めまいや視覚障害が認められているので、危険な機械の操作や高所作業、自動車の運転を伴う職業に従事する場合には十分に注意をするようにしてください。

    レビュー・さらに詳しい情報は

     商品画像からお願い致します。

    「くすりエクスプレス」さん

f:id:rate042:20181010140046p:plain

 

カマグラゴールド50mg