One

くすり・サプリカタログ。当サイトから購入はできません。

4種類のフルーツ味「カマグラチュアブル」

 

f:id:rate042:20181010153017p:plain

 

カマグラチュアブル

  品概要を調べてみた

 

カマグラ・チュアブル錠は、カマグラゴールドで有名な大手アジャンタファーマ社が誇るバイアグラジェネリック薬です。

甘いキャンディータイプのため、舐めながら成分を吸収できます。成分シルデナフィルはラブグラと同じ成分ですが、女性が服用した場合は、女性器(特にクリトリス)の感度の向上、潤いを高める効果があると言われています。

成分はシルデナフィル100mgで、口の中で噛み砕いて唾液で溶かして成分を吸収でき、バイアグラカマグラゴールドなどよりも早く効果が現れるとされます。もちろん噛み砕いた後水と一緒に服用しても問題ありません。

4種類のフルーツ味のため噛み砕いても苦みなどを感じず手軽に服用できます。

カマグラチュアブル100mgは、有効成分としてシルデナフィル100mgを含有する医薬品です。

カマグラチュアブルは「5α還元酵素阻害薬」という分類のお薬で、医療用医薬品でも用いられているお薬でもあり、ED(勃起不全)の他にも肺動脈性肺高血圧症という疾患の治療にも使用されています。

ED治療薬の中では世界で初めて発売されたお薬ですが、まだまだ医師の処方の多いお薬なのです。 

シルデナフィルを含有する薬剤としては「バイアグラ」が有名ですが、現在ではカマグラチュアブルを含む、ジェネリック医薬品が数種類発売されています。

ジェネリック医薬品では豊富な剤型を選択できることが特徴で、最もスタンダードな錠剤以外にも、溶かしてから服用する発砲錠や口の中で溶かしたり噛んだりして服用できるPOLO錠、噛んで飲める上に様々な味のあるチュアブル錠、ゼリー状タイプなど様々な剤型が販売されています。

カマグラチュアブルの主成分であるシルデナフィルは、生体内で勃起を促進する酵素であるcGMP(環状グアノシン一リン酸)のPDE-5(5型ホスホジエステラーゼ)による分解を妨げることで、ED治療薬として効果を発揮します。

これによって陰茎周囲のNO作動性神経が血管を拡張させて、大量の血液がペニスに流れ込みやすくすることで、勃起力を増強が期待できます。

陰茎に対する適切な物理的刺激がない場合や性的なリビドーがない場合には勃起は起こらないので、服用したことで絶えず勃起状態となるということはありません。

また、カマグラチュアブルには一般的な媚薬や精力剤のように、性欲そのものを増強する効果はありません。

f:id:rate042:20181010141124p:plain

 

  • 【質問】服用の年齢制限はありますか?
    • いいえ、特にありません。EDは10代から80代まで性欲がある限り誰にでも発症し、緊張や不安、血管の老化、お薬の副作用などで勃起力が低下します。
  • 【質問】カマグラチュアブルのメリットは?
  • 【質問】バイアグラとの違いは?
  • 【質問】うつ病抗うつ剤、安定剤などと併用できますか?
    • うつ病パニック障害、不安障害になると性欲や勃起力は著しく低下しED傾向になりますが、ED治療薬の併用は問題ありません。
  • 【質問】ED治療薬を服用して妻が妊娠した場合、母体や胎児への影響は?
    • ED治療薬はカマグラチュアブルに限らず精子、母体、胎児への影響はありません。
  • 【質問】EDじゃなくても服用して大丈夫ですか?
    • ED治療薬は勃起できなくなってから服用しても効果がありますが、挿入できるが硬さや持続力などを高めたい男性にも当然ながら有効です。
    • 初回は緊張で勃起できるか不安な場合や、一晩で何度も楽しみたい、普段より長時間セックスしたいなどにも非常に有効です。
    • 勃起力が高まると射精到達時間も伸びる傾向があり、早漏症の改善効果も期待できます。

こんなED症状の人によく飲まれています。

  • 挿入できる硬さまで勃起しない。
  • セックスの途中で中折れする。
  • マスターベーションでは立つが、セックスではほとんど立たない。
  • セックスに臆病で勃起できるか不安だ。
  • いちおう勃起するが、もっと硬さがほしい。
  • 硬さが不十分なまま射精してしまうので、あまり気持ち良くない。
  • 早漏ぎみでもある。
  • ピストン運動は続けられるが、硬さが足りないせいか射精にいたらない。

使用方法を調べてみた

 

効能・効果および用法・用量は下記の通りです。 勃起不全(満足な性行為を行うに十分な勃起とその維持が出来ない患者) :

通常、成人には1日1回シルデナフィルとして25mg~50mgを、性行為の約1時間前に経口投与する。

海外では本剤のように100mg錠も承認されていますが、国内での規格は25mg、50mgのいずれかとなるので、服用する際には用法通り注25mg~50mgとなるようにピルカッターなどを用いて割って服用してください。

本剤は食事の影響を受けることが分かっているので、空腹時に服用するようにしてください。 65歳以上の高齢者および、肝障害のある方、重度の腎障害(Ccr<30mL/min)のある方については、本剤の血漿中濃度が増加することが認められているため、25mgより服用を開始するようにしてください。

作用・使用上の注意を調べてみた

  

副作用としては「血管拡張(ほてり、潮紅)、頭痛、CK(CPK)増加、胸痛、動悸、頻脈、高血圧、不整脈、異常感覚、下肢痙攣、興奮、不安、不眠症、悪心、胃腸障害、口渇、」などが報告されています。

心血管系障害や重度の肝機能障害をお持ちの方、網膜色素変性症患者、低血圧または治療による管理がなされていない高血圧患者、脳梗塞脳出血心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内にある方は本剤の使用は禁忌となっているので、服用しないようにしてください。

硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)を併用することで、心停止などの心臓の症状が発症するおそれがあることが分かっています。

可溶性グアニル酸シクラーゼ刺激剤であるリオシグアト(アデムパス)やアミオダロン塩酸塩経口剤(アンカロンなど)についても相互作用が認められているので、これらを服用中の方は、本剤は服用しないようにしてください。

(ここに記載した薬剤が全てではないので、注意をするようにして下さい。) また、めまいや視覚障害が認められているので、危険な機械の操作や

    レビュー・さらに詳しい情報は

     商品画像からお願い致します。

    「くすりエクスプレス」さん

f:id:rate042:20181010140046p:plain

 

カマグラチュアブル