One

くすり・サプリカタログ。当サイトから購入はできません。

ペニシリン系抗生物質「サワシリンジェネリック500mg」

 

f:id:rate042:20181010153017p:plain

 

アモキシルジェネリック500mg

  品概要を調べてみた

 

成分アモキシシリン配合のペニシリン抗生物質で有名な「アモキシル(サワシリン)」のジェネリック薬で、淋病、梅毒など性感染症の治療や、ピロリ菌の除菌に用いられます。

バモックス500mgは有効成分としてアモキシシリンを500mg含有するペニシリン系の抗生物質です。

サワシリンジェネリック医薬品で、同等成分で同等の効果でありながら先発品より安価に購入する事ができます。

バモックスの有効成分であるアモキシシリンは細菌を形成する細胞壁の合成を阻害して細菌の増殖を抑制・殺菌し細菌感染症による症状を改善、根治します。

グラム陽性菌をはじめ、大腸菌インフルエンザ菌などの一部のグラム陰性菌に有効であるため扁桃炎や咽頭炎、気管支炎、中耳炎といったよく知られ誰もがかかり得る感染症や梅毒、淋病といった性感染症に対しても強い効果を発揮します。

またヘリコバクター・ピロリ菌にも有効で他の薬剤と併用して除菌治療に広く使用されています。

他の抗生物質と比べて特徴的であるのが、肺炎や髄膜炎や中耳炎などの原因菌となる肺炎球菌の感染症と、咽頭炎扁桃炎などの原因菌となる溶血性連鎖球菌(溶連菌)の感染症に高い効果があることです。

特に溶連菌に対しては他の抗生物質は耐性化が進んで効果が弱まりつつあるので、ノバモックスの有効成分であるアモキシシリン(サワシリン)が選択されることが非常に多いです。

梅毒治療には大昔からペニシリン系が使用されており、今でもアモキシシリン(沢四隣)は一番よく使用されています。

このように突出して高い効果があり即効性と安全性も高く常在菌は殺菌しないので副作用も出にくく、高齢者から小児まであらゆる年齢層で非常によく使用されています。

しかし、特徴的でありながらサワシリンが有効な菌は決して多くありません。例えば性病の場合梅毒には非常に有効ですが、他の性病に対しては効かない場合が多数あるためあまり使用されません。

世界には様々な細菌による感染症が存在するので、何らかの感染症にかかったからといって自己判断で安易に服用を開始するのは危険です。

f:id:rate042:20181010141124p:plain

 

サワシリンは様々な菌に有効な抗生物質ですが、いくつかの飲み合わせに注意する必要があります。

医療用医薬品としては、ワルファリン、経口避妊薬、プロベネシドを併用している方では、注意が必要となります。 抗凝固剤であるワルファリンはでは、ワルファリンの効果を増強させる可能性があります。

経口避妊薬においては、腸内細菌叢を変化させることによって経口避妊薬の腸肝循環による再吸収を抑制して、効果を減弱する可能性があります。 プロベネシドでは、尿細管分泌を阻害することで血中濃度を増加させる可能性があります。

また、一般的な食品についても、いくつかの飲み合わせが認められています。 カート茶と一緒に服用することで、カート茶の成分と不溶性の複合体を形成することがわかっています。 これによって消化管吸収が減少し、本剤の血中濃度が低下して、期待する効果が発揮できない場合があるのです。

使用方法を調べてみた

 

アモキシシリン(サワシリン)は通常成人はは1回250mgを1日3〜4回に分けて服用しますが、年齢や症状により適宜増減します。

アモキシシリン(サワシリン)500mgは高用量と言えますが、海外では1回500mgが主流です。

ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌の場合のみ、1回750mgを他の薬剤(抗生物質と胃酸分泌阻害薬)と共に1日2回7日間服用します。

  • 淋菌、梅毒、大腸菌ブドウ球菌、肺炎球菌などの除菌の場合
    • 成人の場合、1日に3~4回、250㎎を服用します。小児の場合は1日に3~4回(体重1kgあたり20~40mg)服用します。
  • ピロリ菌除菌の場合

作用・使用上の注意を調べてみた

  

アモキシシリン(サワシリン)の副作用は主に下痢が多く報告されていて、比較的多い副作用です。強い抗菌作用により腸内細菌のバランスが乱れるためであるので、軟便程度でしたら心配は要りません。

もしも高熱を伴った激しい下痢や血便の場合は重大な副作用の可能性があるため服用を中止してすぐ受診してください。

またペニシリン系の抗生物質は蕁麻疹、アナフィラキシーなどのアレルギー反応を起こすことがあり、また滅多には起こりませんが重大な副作用として中毒性表皮壊死融解症、Stevens-Johnson症候群、偽膜性大腸炎、出血性大腸炎間質性肺炎、肝機能障害,急性腎不全,無顆粒球症などが報告されているので、服用後身体に何らかの明らかな異常があれば上記同様にすぐ医師に相談してください。

アモキシシリン(サワシリン)はペニシリンアレルギーを起こしたことがある方と伝染性単核症の方は禁忌です。また何らかの抗生物質でアレルギー・過敏症を起こしたことがある方、本人または家族にアレルギー性の疾患のある方、腎障害、高齢者、妊婦の方は服用するにあたり慎重な注意が必要です。

またワーファリン、経口避妊ピルなど飲み合わせがあまり良くない薬が幾つかあるので何らかの疾患で服薬治療中の方はアモキシシリン(サワシリン)を服用する前に医師か薬剤師に相談してください。

抗生物質の効きにくい耐性菌が増えているので自己判断による安易で蔓延な服用は控えてください。

    レビュー・さらに詳しい情報は

     商品画像からお願い致します。

    「くすりエクスプレス」さん

f:id:rate042:20181010140046p:plain

 

アモキシルジェネリック500mg